コンテンツにスキップするフッターにスキップする

配送先:

スカートとスラムダンク: 女子バスケットボールのユニフォームの歴史

バスケットボールは長い間、間違いなくファッションに大きい影響を与えてきました。ナイキからヒップホップ、K-popまで、ユニセックスのバギーショーツやパイピングを施したベストは、コートの内外で大いに支持されてきました。このようなスポーツに注目したルックは、男子チーム、女子チーム全体にわたって常に広く知られていたわけではありません。バスケットボールの歴史の大部分において、女子バスケットボールの重要なアイテムはスカートだったのです。

共有する

alt
alt

何十年にもわたり、バスケットボールをプレーする女性は実用性よりも慎み深さを優先するように言われてきました。男性は、女性が女性らしくあるべきだと考えており、19世紀には女性は床まで届く長いウールのスカートをはいてプレーしていました。プレーヤーは転んであざをつくったりしたので、女性は華奢で弱いからプレーできないという俗説がさらに広まりました。女子バスケットボール自体も「女性にふさわしい」おとなしいゲームになるよう改変され、1971年になるまでフルコートの試合は再開しませんでした。女子バスケットボールの人気が高まるにつれ、観戦者は女性らしさと活動性のバランスが崩れていくことに不満を募らせるようになりました。欧米のメディアは女子バスケットボールの試合を「下品だ」と表現し、女性たちは「恐ろしく殺気立った」強い信念を持ってプレーしていると報道しました。世間は女性がこのような「男性的」なスポーツをプレーする見苦しさだけでなく、露出度の高いユニフォームも嘲笑しました。1920年代に膝丈のフラッパースカートが流行すると、女子バスケットボールの選手も同じように短い丈のスカートやブルマーを着用するようになりました。あらゆる激しい女性差別をよそに、「華麗なるギャツビー」に出てくるようなスカートのヘムラインの流行は、その後数十年間続きました。興味深いことに、サッカーやハンドボールなどヨーロッパのチームスポーツでは、早くも1930年代にはボタン付きのバギーショーツの導入が奨励されていました。女性差別の強いバスケットボールでは、まるで女子バスケットボールの正統性を奪うかのように、スカートの着用が強要されていました。しかし1940年代から1950年代にかけて、変化の波が押し寄せました。安価な材料が製造されるようになり、ウールのユニフォームの代わりに機能的なポリエステルやナイロンでできたユニフォームが使われるようになりました。第二次世界大戦の女性労働者のおかげで、長く待ちわびていた「強い女性」という新しいイメージが世界中に浸透し、ベルト付きのサテンのショートパンツが徐々に試合で用いられるようになっていきました。

alt
alt

ウェストゴム付きのショーツが女子ロッカールームに現れ、スカートが徐々にコートから姿を消すようになったのは、激動の1960年代に入ってからのことでした。この時代のショートパンツはミニスカートなど当時のファッションの流行を反映して丈は短めで、男女平等や女性の解放を求める時代性を反映していました。女子バスケットボールが重視されるようになるにつれて、ユニフォームも男子のものと同じようなものになっていきました。1980年には試合とユニフォームの両方の面で大きな進歩が遂げられました。女子バスケットボールはオリンピックの種目になり、FIBA女子世界選手権が始まり、女性のスポーツの人気は世界中で急上昇しました。女子選手はバギーな長めのショートパンツを着るようになりました。もうスカートやしっくりこない代わりのものを着るように男性に強要されることもありません。世界が男女平等を目指して進歩するにつれて、女子バスケットボールのユニフォームも進化したのです。時は経ち、今日ではライクラの加圧タイツ、吸水速乾性のポリエステルのベスト、軽量ジャージ、高通気性バギーショーツなどが一般的になり、可動範囲を広げて完全に自由な動きをもたらすために極めて重要な役割を果たしています。WNBAの選手は、今では豊富な選択肢から自分の身体に最も適したスタイルやファブリック(ほとんどは最新の合成素材)を選ぶことができます。今、コートでもレッドカーペットでも、バスケットボールのユニフォームは着る人に力を与えてくれます。「スペース・ジャム」のローラ・バニーのプレッピーなショートパンツから、アリーヤの90年代の MTVでのバスケットボール・ルック、そしてロウきゅーぶ!インドのシン姉妹などバスケットボールのスーパースターまで、バスケットボールに関わる女性たちは、バスケットボールと自分自身を讃えるために、スカートやショーツ、その他あらゆるものを身につけています。

alt

Text: Georgina Evans 

Translated by: Kazuko Sakamoto

Collage: Amelia Karlsen

RECOMMENDED PRODUCTS: